ガス自由化によってプロパンガスは安くなる?

このたびの自由化によって料金が安くなるのは主に都市ガスと言われています。
都市ガスはパイプラインが普及している地域であれば利用でき、価格も安く一般的です。
しかしパイプラインのインフラの整備が整っていない地域ではプロパンを利用するのが一般的です。
プロパンはそもそも価格が自由設定できるため、料金が割高であり、業者によっての差も大きいとも言われています。
しかしその反面、火力も強く料理に向いているとも言われています。
更にプロパンのデメリットと言われているのは、集合住宅に引越しをすると、初めから契約する会社が決められていて、自由に会社を選択をできないといったことも挙げられます。
自由化に伴い、都市ガスの地域では電気料金とセットになった割安なプランなど、さまざまなサービスが発表されていますが、プロパンの場合もそれに追随する形で、サービスを充実していくのではないかと言われています。
プロパンの価格が高い地域ではそもそも燃料は石油の方が安いからと、ボイラーを利用する人も多く、それが価格の下落に待ったをかけてしまっているのが現状ですが、自由化によって選択の幅を広げ、業者にも利用者にもメリットの高いサービスを打ち出せば、利用者の広がりとともに価格の下落が可能になっていくでしょう。