つらい月経前症候群の症状と解消法

月経前症候群とはイライラしたりなんとなく体がだるかったり、腹痛や頭痛など生理前に現れる不快な症状のことです。
PMSとも呼ばれています。
PMSには個人差があり現れる症状や重さは人それぞれで、症状が現れない人もいます。
しかし、女性の約85%にPMSは起こると言われているのです。
生理は基本的に月1回のペースできますので、ほとんどの女性が1ヶ月のうちの1週間はPMSに悩まされているということになります。
これから閉経するまでずっと付き合っていかなければいけない生理にそんな不快な症状がついてくると考えただけで嫌になってしまいます。
そこで、月経前症候群(PMS)を和らげる方法について説明させていただきます。
まずは食事についてです。
倦怠感やむくみを引き起こしてしまう糖分や塩分の摂りすぎに注意します。
そして鉄分が不足すると症状が悪化してしまう場合があるので、鉄分を摂取することを意識した食事を心がけましょう。
病院で処方してもらえる鉄剤を服用することも1つの方法です。
次に、運動です。
腹痛や腰痛の症状が起きると運動する気分になれないかもしれませんが、運動をすることで冷え性の改善やストレス解消につながります。
アロマや漢方も症状改善に繋がるとされていますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。